hIDDEN bLOG » 第2回Google Hackathon for GAE in 福井、参加してきたヨ 〜後編

2011/6/1 水曜日

第2回Google Hackathon for GAE in 福井、参加してきたヨ 〜後編

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: Google App Engine,IT系 — @ 15:51:04

前回に引き続き、今回はGAEハッカソンで活躍したチーム#hiyの、技術サイドのおはなし。

チーム#hiyはプロジェクト「天下一武道会」を4つのパートに分割し、それぞれを各メンバーで担当することにした。

  • Kinectを使ってかめはめ波を認識するパート
  • Webサイトのデザイン
  • アニメーションを含めたバトルシーンのWebページ
  • GAEを使ったサイト全体のナビゲーション

この4つのうちボクが受け持ったのが、4つ目のGAE部分だ。

Slim3でGAE

相手カード選択→自分カード選択→バトルという3画面の遷移と、Kinectで認識したカード情報アップロードを受け付けるサービス。これがGAE部分の担当範囲だった。

フレームワークにはSlim3を使うこととした。

Slim3はひがやすを氏が開発したGAE向けのフレームワークで、動作も開発リズムも軽いのが気に入っている。
このSlim3の特徴は、モデル・コントローラ・テストクラスなどのスケルトンを、Antを使って自動生成することで、定型的なWebアプリケーション開発をテンポよく進められる点にもあると思っている。

開発にあたって大変にお世話になったのがこちらのサイト。
http://sites.google.com/site/slim3documentja/

環境の構築手順から、開発の最初のステップまで、 懇切丁寧に解説してあるのでマジお勧め。

あとカードのアップロード部分についても

Kinectでのかめはめ波の認識については、@idkqh7が早々に実現してくれたというのは前編でも触れたとおり。
認識処理そのものは、オープンソースで公開されているこのプログラムを使用しさせていただいている。
http://code.google.com/p/kinect-kamehameha/

これを実行できる環境を構築し、ソースを読みといて認識のタイミングとそこで検出されているかめはめ波のパワーを取り出し、さらに撃った瞬間のスクリーンショットを画像に保存するというところまで、彼は驚異のプログラミング力で実現させてくれた。マジスゲェ。

しかし画像を撮るタイミングはかなりシビアでなかなかベストなショットを得るのが難しかったため、10枚ほど撮った中からユーザーに選んでもらう仕様に乗りかえることにした。
そのあたりで残り時間がそろそろ苦しくなってきたので、画像の選択とWebへのアップロードを 別プログラムに抜き出すよう軌道修正、それをボクが即興で作ることとあいなった。使うのは当然VisualStudio+C#。アイラブシーシャープ。

しかるのちに、ド派手なバトルアニメーションと超クールなデザインへの結合も完了し、チーム#hiyによる天下一武道会は完成したのであった!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.786 sec. Powered by WordPress