hIDDEN bLOG » Word2007での、見出しの段落番号

2008/12/15 月曜日

Word2007での、見出しの段落番号

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系,Tips — @ 11:08:09

Word2007で、各見出しに階層構造を含めた段落番号を付与する方法について。最もシンプルと思われる方法を、メモの意味も込めてエントリー。

1.最初に
00000205.jpg
上のような文書を例に、段落番号の設定を解説してみる。

2.見出しスタイルを適用
00000210.jpg
それぞれの見出しに対して、「見出し1」「見出し2」スタイルを適用しておく。

3.アウトラインの定義
00000213.jpg
リボンから「ホーム>段落>アウトライン」をドロップダウン表示し、ベースとなるリストをライブラリから選択してから、「新しいアウトラインの定義」をクリックする。この場合は右上の、フラットなアウトラインリストをベースにしてみた。

00000214.jpg
上のようなダイアログが表示されるので、左下の「オプション」をクリックしてオプション設定を表示させる。

00000215.jpg
左上にあるリスト中の各レベルに、対応付ける見出しスタイル(この場合見出し1・2・3...)を設定する。見出し4程度まで設定しておけば、大体の文書はカバーできるかと。

00000216.jpg

00000217.jpg
各番号の半角・全角表記や区切り記号の設定もここで行えるので、必要に応じて。

4.設定完了
00000218.jpg
ここまでの操作でひとまず段落番号の設定ができた。各見出しに「1.」や「1.1.」といった段落番号が表示できているはず。

5.まとめと補足
00000219.jpg
さてこれで各見出しに適切に段落番号が付与できるようになるわけで、試しにいくつか記述を追加してみると上のようになるわけだが、初期設定のままだと「見出し3」以降がインデントされてしまっている。

00000220.jpg
インデントについてはスタイルの「変更」メニューから「インデント>左」を調節したり、ルーラーで調節したうえでスタイルの「変更箇所と一致するように 見出しn を更新する」メニューなどで設定するのがよいかと。


エンジニアのためのWord再入門講座

1件のコメント »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.764 sec. Powered by WordPress