hIDDEN bLOG » Micosoft 最新技術最強セミナー in 福井~Tech・Ed 2008 記念~

2008/10/20 月曜日

Micosoft 最新技術最強セミナー in 福井~Tech・Ed 2008 記念~

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系 — @ 14:59:36

Micosoft 最新技術最強セミナー in 福井~Tech・Ed 2008 記念~
間が空きましたが、レポートをば。

■ASP.NETの仕組み■
Webアプリケーション・ASP.NETの特徴から、リクエストに対する処理の流れを踏まえた上での具体例、デバッグに役立つTipsまで。

Webサービス・アプリケーションは、「本質的には単なるテキスト処理に尽きる」これに始まりこれに終わった感すらある。その上で、「テキスト処理」だからこそプラットフォームやハードウェアのしがらみのない世界でフレームワークを構築できた、これがASP.NETのひとつの特徴であると。あと「ASP.NET MVC」というのが非常に気になった。要チェックや。

■Silverlight 2.0■
SilverLightの概要をさらりと解説したのち、実際のWebサイトでの活用例・新フィーチャーの紹介・具体的なコード例をバランスよく。

それにしてもSilverLightのセッションは、聞くたびになにか作ってみたくなる。これを書いている時点でもうSilverLight2.0のダウンロードが始まっているはずだが、最新版ということで、予定されていたJavaScript以外への言語の対応拡張やその他フィーチャーが整ってきている模様。
で結局のところ、SilverLightって何?と問われれば、とりあえずはMS版のFlashと答えるのが手っ取り早いよね。というところはある。アドバンテージは?ユーザーサイドにとってはWindowsMedia、開発サイドにとってはVisualStudio。まったくの私見ですが。

■サーバー仮想化技術 Hyper-V とは?■
Hyper-Vとは何ぞ?という紹介から、その仕組み、対応プラットフォームや設定・運用の具体例などの解説。さらにスナップショット等の便利な機能を、わざわざ実稼働しているサーバー機を持ち込んでの実演があった。

スナップショット便利すぎ。個人的にはクライアント環境の仮想化としてVirtualPCを使ってるんだけど、そのウィークポイントがUSBの対応とスナップショット機能がないこと。原則Hyper-Vはサーバーの仮想化が主なターゲットではあるけれども、VirtualPCのほうにこれらの技術が反映されることを期待せずにはいられない。

■Software+Services入門■
SaaSとは?でもってSoftware+Servicesとは?Buy or Build?

いや最初の宣言通り、抽象的で難解だった。
なんだかそれらしくまとめると、下のようになるかな?
・プレゼンテーションとデータの分離が再び明確になってきた
・AJAXやSilverlightなどにより、プレゼンテーションの表現力が向上
・データ(そしてサービス)をパッケージしたWebServiceがいくつも生まれる
・点在するサービス・表現力の高まったUI・それらをつなぐ糊の部分を新技術がドライブし、いままでにないUXが←いまここ
いやこれだけだと説明しきれてないんだけども...うーん、深い。

■ライトニングトークス■
今回は「ファシグラ・ライブ」と題して、非常にアナログな内容のプレゼンを行った。元ネタは先日参加したオブラブイベントでのセッション「ファシリテーション・グラフィック」の内容を拝借し、それをライブに描きながら解説を試みるというもの。
正直準備・シミュレーション不足だったが、それでも懇親会・アンケートなどで良いレスポンスがいただけたのがうれしかった。

それにしても平鍋さんの、はなから5分でまとめる気の無さそうなプレゼンには参った。写真はトークス本番ww

...

さてその後、懇親会の2次会含めて3時過ぎまで熱い夜を過ごしたわけだが、今回の注目キーワードは「テスタブル」。いやセミナー本編とはまったく関係ないわけだけれど、懇親会・2次会ともに自分の琴線にふれたのはこれだった。

あとあれですね。カメラ談義ほんとうに楽しゅうございました。

2件のコメント »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

HTML convert time: 0.777 sec. Powered by WordPress