hIDDEN bLOG » 2010 » 3月

2010/3/30 火曜日

MonoTouchで画像なんかをリソースとして使う場合の注意点

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: .NET,iPhoneアプリ,MonoTouch — @ 22:21:44

画像などのリソースファイルをフォルダ分けして整理する場合、「Resources」という名前を付けてはいけない。
この名前のフォルダ以下にコンテンツ設定にした画像ファイルなどを配置していると、シミュレータや実機への転送ができない模様。

これまめ知識なー。

mt03-01.png

mt03-02.png

2010/3/25 木曜日

MonoTouchで画像を表示

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: .NET,iPhoneアプリ,MonoTouch — @ 16:34:46

画像ファイルをプロジェクトに追加

今回はInterface Builderのみで画像を表示してしまう。

まずはプロジェクトへの画像の追加。
プロジェクトを右クリックして、追加>ファイルを追加から画像ファイルを選択する。
mt02-01.png

この際表示される確認ダイアログは、特に理由がなければ「コピー」が無難かと。
mt02-02.png

そして次がけっこう忘れやすい手順。
追加したファイルをリソースとしてアプリケーションに埋め込むために、ビルドアクションを「コンテンツ」にする。
mt02-03.png

Interface Builderでレイアウト

次は、InterfaceBuilderを起動して画像を表示してやる位置をレイアウトしてやる。
今回はこのくらいで。
mt02-04.png

次いで、レイアウトしたUIImageViewのプロパティを、Inspectorウィンドウから変更してやる。
mt02-06.png

変更箇所は2点。
「Image」にさきほど追加した画像ファイル名。
「Mode」は、とりあえず今回は「Aspect Fit」を選択しておく。この値は初期選択が「Center」になっているのだが、これだと画像サイズにあわせてUIImageViewがリサイズされるようになる。

以上でInterface Builderはおしまい。
変更を保存して、IBを終了する。

ビルド、実行

さて、以上の手順で画像を表示できるようになった。
実行ボタンをクリックしてやると、シミュレータが起動してレイアウトした位置に画像が表示されるはず。
mt02-08.png

HTML convert time: 0.717 sec. Powered by WordPress