hIDDEN bLOG » 2009 » 5月

2009/5/28 木曜日

ほんとうにiPhone for everybodyと新iPhoneの合わせ技は使ってもいいのか?

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系 — @ 12:45:02

現行iPhoneから新型に機種変更しても”iPhone for everybody”違反にならないのかソフトバンクに聞いてみた。

というわけで新型iPhoneに機種変しても違反にはならないことが判明しました!
新型iPhoneにする、しないに関わらずiPhoneをすでに加入している場合は契約しちゃった方がいいですね~。(iPhoneを手放せなくなっているならば。)

ただし、以下の点に注意する必要があると思う。

ソフトバンク:現行iPhoneと新型iPhoneとで分割支払いは二重になってしまいます。

 さらに、ソフトバンクの場合以下のような制約がある。

購入日から6ヶ月以上経過していなければ新スーパーボーナス契約での機種のご購入(新規契約を除く)はできません。

つまり...

iPhone for everybodyで現行iPhoneを購入したあと新iPhoneを購入しても、契約上のペナルティは確かに発生しない。しかし新iPhoneのほうの端末代金には月月割による値引きを受けられず、満額を分割または一括で払う必要があるのではないかということ。

参考までに機種変更の場合の端末代金はというと、iPhone 3Gの16GBモデルでなんと87,480円

一応、これについてはまだ裏をとったわけではないので。念のため。
上記のようにならないことを祈りつつ、とはいえキャリアとしても新機種を立て続けに買われてもべつにメリットなぞないし、いまの規約にあてはめるとこういうオチは避けられない気がする。

ていうかソフトバンクの中の人もあれですよねー。
聞かれたことには過不足なく正確に答えているんだろうけど、こういう懸案があるなら補足してほしいよねー。
というはなし。

ほんと杞憂であってほしいが。

2009/5/15 金曜日

日本初Android端末はdocomoから

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系 — @ 11:11:52

次世代iPhoneの噂が流れだしているのを横目に、こんどはAndroid陣営で動きがある模様。
htc-magic.jpg

Android端末がいよいよ日本で正式導入、まずはdocomoからHTC Magicが発売されるらしい。正式発表は来週とのこと。
グーグルフォン来月発売 ドコモ、iPhone追撃へ

ざっとスペックを見てみよう。

ディスプレイは3.2インチ320×480ドット。iPhoneと変わりなし。このラインの製品は、これが標準解像度となるのかな。静電誘導式ということでハード的にはマルチタッチ可能なはずだが、さてサポートされてくるかどうか。
通信は、W-CDMA/HSDPA/GSMといった携帯電話としてのデバイスは当然搭載されており、IEEE802.11b/gでのWiFiとBluetoothも搭載。ここも標準的な線。
カメラはAF対応3.2Mピクセルと、ちょっとだけiPhone 3Gよりは上のグレードであるが、新型iPhoneは同等のものが搭載されるという噂もある。無難なレベルかな。
センサーとしてはGPS/加速度/地磁気を搭載。地磁気センサーがある分、やはりiPhone 3Gよりは新型の水準。

アプリケーションプラットフォームとしては、CPU/メモリも気になるところ。
これはQualcommのチップで528MHzにメモリ192MBと、クロック数でいえばiPod touch 2Gの水準。RAMはiPhone 3Gと新型iPhoneの中間かな。とはいえiPhoneはARMプロセッサを積んでいるので、単純なクロック数比較は意味が薄い。しかもDalvikとCocoa touchで実行プラットフォームも違うしね。

ついでにフラッシュメモリは512MBと、iPhoneに比べるとずいぶん小さい。microSDに対応とのことで、ここは単に路線の違いといったところか。しかしmicroSDへのアクセススピードはちょっと気になるかな。

あとはユーザー視点として気になるのが料金プラン、特にパケット料金がどうかという点。
現在docomoから発売されているBlackBerryが参考になるかなと思うが、こちらはどうやら「Biz・ホーダイ ダブル」が適用されているようで、月額1,029~5,985円と現行のiPhone 3G(キャンペーン適用なし)と同等。おそらくはここに落ち着いてくるのではないかと。

以上、さっくりと端末・料金の面から日本初のAndroid携帯を眺めてみたが、最後にもう1点、気になるのはAndroid Market。現在日本では有料アプリを購入することがまだできない状況だが、まだ端末が発売されていなかったので当然といえば当然。リリース後すぐにでも対応がされるものと期待したい。

さ、タイミング的にいよいよ難しくなってきた。
今のソフトバンクのキャンペーンを利用して安くiPhone 3Gを手に入れるか、もうちょっと待って新型iPhoneに期待してみるか、はたまたdocomoのAndroidに走るか...

2009/5/13 水曜日

次世代iPhoneのウワサ

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系 — @ 10:17:35

「32GB、256MB、600MHz、3.2Mピクセル」-次世代iPhoneの仕様が明らかに

6月に発表が噂されている次世代だが、ちょっとずつスペックのリーク情報が出始めている。

上の記事によると、CPU・メモリ等が明らかにされている。
これを信用すれば、クロック周波数が600MHz、メインメモリが256MB、フラッシュメモリが32GBとのこと。フラッシュ容量は16GBとかのバリエーションがラインナップされる可能性はあるかな。

ここまでは単に数値上のスペックで、新たに搭載されるデバイスとしては電子コンパスが挙げられている。これはシャープ製携帯などで搭載されている機能で、端末の絶対的な向きを検知することができる。これによりナビゲーション系のアプリが発展するのかな。また今までiPhoneの弱点のひとつとされていた、「テーブルの上に水平に置いたiPhoneを、そのままくるりと回す動作」が検知できない点が解消されるだろう。

それ以外の、画面解像度や筐体デザインは変更がないらしい。あとはiPhone OS 3.0がプレインストールされるであろうということぐらいだろうか。

開発者視点でみると、次世代iPhoneといっても改めて対応が必要そうな箇所はないかな、という感触。画面解像度が変わっていたら、それはもう悲惨なことになりかねない。それよりもOS3.0への対応と考えたほうが現実的。新OSは既存のiPhone/iPod touchへもインストールできるらしいから。

さてこうなってくると、やはり悩ましいのがiPhone for everybody
次世代iPhoneの発売を待つか、ベラボーに安い現行iPhoneを今月中に購入してしまうか。
今のところは「待ち」のほうに若干傾いているかな...

HTML convert time: 1.494 sec. Powered by WordPress