hIDDEN bLOG » 2008 » 8月

2008/8/17 日曜日

酷暑時期の省燃費運転について

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 4輪,雑記 — @ 0:36:12

ちょっとしたことだけど結構効果が大きいテクニックを見つけた。

まず、これはたしかAW-IだかNGKだかのひとが言ってたことだったと思うんだけど、クルマってのは0km/hからの発進時が一番燃費が悪いらしい。

その発進時に、このときだけエアコンをオフにする。具体的には、エアコンスイッチをオフにするか、風量をゼロにしてしまう。どちらかというと前者がお勧めだが、どちらにせよ注意点は内気循環モードにしておくこと。こうすればエアコンスイッチをオフにしてもしばらくは冷風が出てくる。ちなみに風量をゼロにすれば内気でも外気でもいいじゃないかと思われるかもしれないがさにあらず。外気導入モードの場合、風量をゼロにしても走行風圧の関係からか若干の風がでてきてしまう、つまり外の熱風が入ってきてしまうので要注意。

これを20km/h程度に加速するまでやってやる。まぁそのときの気温だとかの兼ね合いで、エアコンオフの状態が長ければ長いだけ効果があるので、匙加減はうまいことやっていただきたい。ついでに書いておくと、これってばアイドリングストップと同じく、停車時というわりとやることが多い状態でのテクニックなので、慣れないうちは無理をしないこと。下手に操作ミスして事故るくらいなら、燃費悪いままのほうがいい。

ついでに、ある程度しっかりエアコンが効いて、室温が安定してから行うのがよいかと。なにがなんでも省燃費とかいって、まだ暑いうちからやらなくてもいいんじゃないすか?無理すると続かないし。

ちなみにちょっと試してみたところ、1km/lはゆうに超える燃費の向上がみられた。特に非力な小排気量車で効果が大きいと思われ。あーあと上り坂なんかでもこれ使えますよねそうですね。

結局のところは省燃費というか、この夏場のエアコン使用による燃費悪化を少しでも食い止めるという程度のことではある。が、ちょっとでもやっておけば少しはお財布にやさしいよね、と。

というかこんなこといちいち手動でやらなくてもずいぶん簡単に制御できそうなので、インテリジェントフューエルセービングとかつってメーカーさん自社製品に搭載してくれないかしらポワワ

HTML convert time: 0.647 sec. Powered by WordPress