hIDDEN bLOG » 2008 » 4月

2008/4/30 水曜日

MotoGP撮りに確保したい機材

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 光画 — @ 23:27:23

これまでα Sweet Digitalと借り物のミノルタ100-300mm F4.5-5.6レンズを抱えて、もてぎでのMotoGPをはじめ鈴鹿とかでレース撮影をしてみていたのだが、AFがもうひとつ追従しきれていない感とか、もうちょっと望遠が欲しい感とかを常々じんわり感じながらシャッターを切っていた次第。

そのようなわけで機材を揃える欲求が臨界点近くまで高まる様がセブンセンシズに達しそうな昨今なので、ちょっと梅田ヨドバシ他に行って見てきた。 (続きを読む…)

2008/4/28 月曜日

ウィンカーミラーがほすぃ

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 2輪 — @ 18:06:01

たとえばDUCATIの1098Rが採用しているような、ウィンカーミラーがほすぃ次第。

なぜか?

デザインとかそれはどうでもよくて、サーキット走行会などに参加する際にラクだから。
なんせ純正ウィンカーを外そうと思ったら、下のように1番と2番のカウルをそれぞれ外して、この2番のカウルにねじ込んであるウィンカーをこじって取ってやらないといけない。しかも2番のカウルは、ラジエーターまわりのインナーパネルにも固定されていて結構めんどい。それを左右両方やらないといけないのでなかなかの手間になるわけ。
wm.JPG

これがウィンカーミラーに置換できれば、ミラー本体とちょっとした配線を軽く撤去してしまえるから非常に楽になるはず。いや別に走行会レベルならそこまで外さなくてもいいんだけどね。気分だけでも...

ここで問題は車検について。純正のウィンカーを撤去してしまうので、はたして車検をパスできるのかどうか。ここを見る限り、条件をクリアしていれば大丈夫そうではあるのだが、ヤフオクの出品をみるとまれに「車検NG」の記載もあり...

とはいえ1万円台半ばという価格を考えると、どうにも同じ価格帯のリアのメンテナンススタンドとかを優先したほうが幸せそうな気はするんだけども。

2008/4/23 水曜日

アンダーアーマー コールドギア

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 2輪,インプレ・レビュー — @ 0:25:54

タカスでの体験走行会に向けて、まだこの季節ではパンチングメッシュのツナギでは寒かろうということで防寒インナーを買ってみた。ブツはアンダーアーマーのコールドギア、モックタートルネックというヤツ。MotoGPでは中野さんが愛用している、まぁ割と有名らしいブランドの模様。こいつのアウトレット品を3,000円そこそこというナイスプライスで確保してみた。

さて届いてきたこいつを、夏場に愛用しているユニクロのコンプレッションインナーと比較しつつレビューしてみたい。

まず単に着てみた状態の感触だが、腕まわりのフィット感はあるものの胴はルーズで、全体にしっかりと絞めつけられていたユニクロとは好対照。また静止状態ではしっかりとした保温性が感じられ、これもまた明らかな冷却感があったユニクロとは対照的だった。

次に、届いた当日の21時すぎくらいに、防寒性能の確認のため夏用のメッシュジャケットとこれを着込んで軽くガソリンでも入れに外出してみたのだが...あのね、寒いの。ある程度予想はしていたが、やっぱこれ直接風を受けるようには想定してないのね。防風機能は皆無といっていいので、メッシュジャケットを通ってくる風が体温を奪っていくこと山の如しって訳わからんが。
とはいえ信号なんかで止まるとじわりと暖かい。あーやっぱりこのアイテムが想定しているのは、風についてはほかの装備でシャットアウトしたフィールドなんだなと理解した次第。

さてイベント当日、本来の目的であったタカスでの体験走行会に臨んだわけだが、朝イチは念のため目のツんだフリースのタートルネックを重ねて着こんでみたところ効果てきめん、寒さは微塵も感じなかった。その後現地に到着次第フリースのほうはキャストオフして、その後夕方に帰宅するまでをツナギ+アンダーアーマーの組み合わせのみで快適に過ごせた。この日朝の気温は道路わきの温度計によると12度。15度程度あれば十二分に寒さをしのげそう。

最後に発汗時について。まずユニクロのそれと同様に汗を体表にためずに即座に吸収しつつ、それをある程度繊維の中にため込んでおいて発散させている模様。ユニクロの場合は薄い生地と相まって積極的に気化させている印象があり、汗をかいた途端涼しさを感じたのだが、こいつは防寒重視のため急激な気化を抑えオーバークールを防止していると感じた。おまけにツナギの脱着も、ご多分にもれず滑りが良いため容易で好印象。

結局のところ本格的に寒い場合は、専用品の「ゴアウィンドストッパー」だとかといったブツが必要ということが判明。しかし春・秋の、風に当り続けるには涼しさが過ぎるような気候では威力を発揮すること請け合い。いや実に快適に走れた。

2008/4/22 火曜日

タカスサーキット体験走行会&試乗会

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 2輪 — @ 13:01:48

バイクガレージ福井さんの主催による、タカスサーキットでの体験走行会&試乗会に参加してきた。

今年に入って初のサーキット走行。
タカスサーキットはどんなもんじゃいと思ってコースインすると、すわいきなり超タイト。ヘアピンに次ぐヘアピン、ストップ&ゴーといった様相を呈していて、いやはやペースがつかめず難しかった。ある程度感触をつかんでくるにつれて、進入はインに早くつけすぎず我慢して(=クリップを奥にとって)アクセルを開けて脱出できるように、と同時にコーナー中で変にパーシャルでダラダラ回らずメリハリをつける、と超基本っちゃー基本だが、これらを心がけてほんのちょっとずつペースを上げていけた。それでも速いひとたちには全然ついていけなかったが...
(´・ω・`)
とりあえずあれだ。まだヘタクソなんで同じとこ100周くらい走りこまないと調子出ないわけですよ全く。

ともあれつくづく思い知ったのが、荷重をかけたコーナリングってのがまだできてないなと。もうほんと鍛練あるのみ。今後鈴鹿ツインへの遠征も考慮しつつ、いろいろ計画を練りたい次第。

それにしても価格がまたリーズナブルなのがうれしかった。
体験走行が1枠1,000円、試乗が1枠2車種で500円。1日いて使った総額が、前払い込で5,000円ポッキリ。
さすがにあわらに比べれば高くはつくものの、絶対的にこれだけの金額で楽しめたのは有意義だった。

ちなみに周回数が、体験走行は3周+アウトラップ、試乗のほうは1車種あたり2周+アウトラップとまぁ細かい区切りではあるが、しかし体力的にはこのくらいでいい塩梅。

2008/4/17 木曜日

ASUS、第2世代の「Eee PC 900」を正式発表

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系 — @ 18:04:23

ASUS、第2世代の「Eee PC 900」を正式発表

主な変更点はと。
液晶サイズ 7インチ → 8.9インチ
画面解像度 800×480 → 1024×600
SSD容量 4GB → 4GB+8GB(Windowsモデルの場合)
タッチパッド 普通 → マルチタッチ対応

あと未確認ではあるが、CPUはCeleron M 900MHzのままだということだが、割と短期間でAtomベースにリプレイスされるという噂も。

所感ですが...
まずSSD容量。4GB+8GBとはなんぞと思ったが、どうやら物理的に別個に実装されたそれぞれのフラッシュメモリを、論理的には1ドライブに見えるように扱うらしい。とりあえずCドライブ容量としてはどうにかという水準になったかな。
あとタッチパッドが進化したのは単純に喜ばしいことだが、やはり画面にポインティングデバイス搭載が果てしなく望まれる次第。とはいっても、だんだんVX Nanoでもいいような気がしてきたぞ。

さてこれでおいくら万円になるのかしらポワワ

Pages: 1 2 Next

HTML convert time: 0.920 sec. Powered by WordPress