hIDDEN bLOG » 2007 » 10月

2007/10/12 金曜日

.NETでの、画像などの生データへのアクセス速度について

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: .NET — @ 9:35:13

■追記■
後述のデバッグ時にやたら重くなる件、回避策が見つかったので
こちらにエントリ。 

.NETで画像などのバイナリ生データへアクセスする際、結局のところどうやって記述するのがベストなんだろうかと思って、数パターンのベンチをとってみた。

内容

1280×1024サイズの画像を諧調反転する処理を、以下の4パターンで実行し処理時間を計測。
(VisualStudio2005+C#でプロジェクトを作成)

1.GetPixel / SetPixel
BitmapクラスのGetPixel / SetPixelメソッドを利用して、ピクセルにアクセスする。

2.Marshal
System.Runtime.InteropServices.MarshalクラスのReadByte / WriteByteメソッドを利用して、ピクセルにアクセスする。

3.Array
Bitmap.LockBitsによりロックしたバッファをbyte配列にコピーし、配列操作によりピクセルにアクセスする。

4.unsafe
unsafeキーワードによりポインタを直接操作し、ピクセルにアクセスする。 (続きを読む…)

app.configファイルに簡単な設定を記述する

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: .NET,Tips — @ 9:17:35

※最新の情報をこちらに追記。 

app.configに設定を記述。

 <configuration>
  <appSettings>
    <add key=”key_name” value=”val” />
  </appSettings>
</configuration>

コード中から値を参照。

System.Configuration.ConfigurationSettings.AppSettings[ "key_value" ];

2007/10/11 木曜日

やっぱり書かないわけにはいかないと思った

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 2輪 — @ 0:28:41

2輪レーサー阿部典史選手の訃報

この事実はトーチュウの記事で知ったんだけど、見出しが目に入って、各文節をどうやら脳内では認識したみたいなんだが、その文章が何を語っているのかがさっぱり理解できなかった。こんな感覚は生まれてはじめてだ。いつになくレスポンスの悪いページロードが終わり、表示された記事を読んでも、やっぱり頭に入ってこない。ミルコ・クロコップのAAとかが頭に浮かんだ。まず事実を把握するだけでも、相当な時間を要した。

そのあと数日をすごし、どうしようもなかった喪失感が徐々にうすれていくにしたがって、ふつふつと怒りがわいてきた。

今回の事故のシチュエーション。前方を走っていたトラックがUターン禁止の区間でUターンをはじめ、後から来たノリックがその右側面に衝突。という状況は、位置関係だけをみるならば昔ボクがトラック相手に巻き込まれた事故と実に似通っている。そのときは、場所は片側2車線の道路での交差点、そこでの信号待ちでのことだった。すでに赤信号になっている交差点の左車線側にトラックがとまっており、ボクがあとから車で右車線にならび青信号を待つ。信号が変わって発進しようとしたところ、やおらトラックが、ボクの進路をふさぐ形で右に車体をふってきて、その内輪差により車のフロントを大破させられたとうい事故。つまるところほぼ静止に近い状態だったおかげで、ものが壊れるだけですんでいたのが不幸中の幸いだった。

どちらもトラックの無理な転回は、道を間違えたことが原因だそうで。トラック(や、場合によってはバスも)の事故がニュースになると、どうも批判の矛先が過密勤務を強いている会社に向けられることも多いように思うが、結局のところ事故を起こすことによって他者の財産やことによっては命まで奪ってしまっているのは、やっぱりドライバーその人以外にいないんだよ。プロだろ?それで金もらってるんだろ?それなら万難排して仕事を遂行しろっての。道を間違えたら前進復帰。これは教習所で習う必修項目。プロならばこそ基本を忘れるな。仕事上のミスを比べるなら、証券社員が数百億の損害を出すよりも、人ひとりの命を奪うことのほうがどれだけ罪深いかを肝に銘じろ。その上で安全な運行ができるように、自らの待遇は雇用主と理性的に対話・交渉しろ。

今までバイクで出かけていたときは、漠然と「生きて帰ること」を第一目標にと考えていたわけだけれど、今回こいつを改めて強く意識することになった。ツーリング・サーキット走行は当然、街乗り・チョイノリも、バイクだけでなく車・自転車・あるいは徒歩で出かけるときにも。原則「性悪説」はあまり支持したくないのだが、こと交通社会に身をおく限りは、ほかの交通はまるっきり信用しない。すべてを疑ってかからないことには安全を保障できないのが実際のところだから。それでも生きて帰れれば価値がある。その上で楽しいライディングが満喫できれば御の字だ。

こんな事故が起きてしまったからといって、ボクはバイクやモータースポーツから遠ざかろうとは思わない。そんなのがいるとノリックも悲しむだろうしね。とはいえ、肉体的な衰えや他から、他者や自身の安全が保障できないと思い始めたら。いずれそのときは勇気を持ってバイク・車から降りるべきなんだろうね。

最後に...
阿部選手のご冥福を、心よりお祈りします。

2007/10/5 金曜日

スタジオを借りていて、さも当然のように店員にチューニングさせる小僧もいるらしいが

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: 楽器 — @ 14:43:04

自動でチューニングしてくれるギター、ギブソンから

ボクみたいなサンデーギタリスト(いや、サンデーどころですらないな)からすれば、超ありがたいアイテムがついに登場。ていうか今まで無かったんだ。

しかし自動でチューニングしてくれるとはいえ、弦の交換は今まで通りかあるいは面倒になっている可能性は高いが。あとなんせまだバカ高い。愛器である、ハードオフで5,000円で仕入れてきたジャンクベースのギターには、値段の点であまりにオーバースペックすぎる。コンセプト的にはジャストフィットだけど。

ちなみにボクはといえば、チューニングは音叉と耳を使って地道にチューニングしてますよ。
(´・ω・`)

2007/10/4 木曜日

Excel大好き日本人

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系,雑記 — @ 21:20:33

【識者の一言】「現場の要望を突き詰めたら、結局はExcelだった」 ITPro

「Excelみたいにならないの?」。

 担当者が発したこの一言でようやく分かった。担当者の要望を聞きながら、操作画面を一からデザインし、プログラムをスクラッチで開発したが、彼らが望んでいたのはExcelと同等の使い勝手だったのである。

うーん...
なんともいえない閉塞感を感じさせられた。
クライアントの業務に最適化すべくUIを創意工夫するよりも、出来合いのExcelのほうが評価される風潮なんだな。ま、出来合いとして引き合いに出してはいるが、Excelは他者(Microsoft)の創意工夫の産物ではあるんだけど。

少なくともボク自身、道具はあくまで効率を重視しているつもりで、使いやすいと分かれば多少の使い勝手の違いは気にしせず乗り換えているつもりでいるんだが(今のところはね)、それを万人に求めるのは無理なんだろうな。

記事のようなExcelの例に限らず、ソフトウェアの設計者は、既存ソフトウェアや(機械の)操作盤といった顧客の手になじんだ比較対象とうまく折り合いをつけながら、それでも自らの創意工夫を盛り込んだ製品を繰り返し提案していく宿命にあるのかね。

Pages: Prev 1 2 3 Next

HTML convert time: 0.960 sec. Powered by WordPress