hIDDEN bLOG » IT系

2007/6/12 火曜日

PictureExplorer

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: .NET,公開アプリ — @ 10:42:34

PictureExplorerというウィンドウズアプリを作ってます。

JPEG画像なんかを次々見るためのアプリなんだけど、フォルダ移動などがしやすいようにショートカットキーを充実させてます。
あとレスポンス向上のため前後の画像を先読みしてるんだけど、大きい画像になってくるとWinXPの画像ビューアに分があるのが現状。

おもな機能は以下のとおり。
○前の画像・次の画像に移動する(←、→キー)
○前のフォルダ・次のフォルダに移動する(Shift+←→キー)
○全画面表示・解除する(F5キー)
○画像表示を画面サイズに合わせる(Ctrl+Fキー)
○画像を回転する(Ctrl+←、→キー)
○画像をいったん非表示にする(F12キー)

ダウンロードはこちらから。
.NET Framework2.0が必要です。

2007/6/11 月曜日

ISPは淘汰されてなどいなかった。いやむしろ、

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系,雑記 — @ 10:42:15

いろいろ調査を続けるうちに、プロバイダ分布からみる趨勢で書いたことは実は正しくないことが判明してきた。
むしろフレッツ対応プロバイダ一覧でリストされるように大量のISPがサービス展開している。

これはそもそもこういう調査をRBB TODAYでしようとしていたのが間違いで、ここはどうも回線保有しているインフラレベルでのブロードバンド事業者が登録されていた模様。
この中にはCATVのように直接ユーザへのフロントエンドもかねるISPもあるのだが、NTTフレッツのように回線の提供のみを行いIPレベルのサービスは別途ISPが担当するというケースも相当数あるわけで、そこは別ルートで調査する必要があった。

そこで前述のフレッツ対応ISP一覧へたどり着いたんだけど、いやもうISPが大手+CATVで2極化していたとかまったく見当違いの分析でへこむ。

もともと各ISP保有のコンテンツ傾向を調査しようとしていたんだけど、これはまた母集団が大きくて大変だね。

2007/6/8 金曜日

プロバイダ分布からみる趨勢

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系,雑記 — @ 15:43:37

ちょっと各地のプロバイダについて調べてみていたんだが、若干興味深い傾向が見受けられた。

http://www.rbbtoday.com/rbbcorp/

全国的にOCNやYahoo!BBといった大手ISPがあまねくサービスを提供しているのは十分予想していたんだけど、それに対して各地方にはほとんどCATVしか見当たらない。以前は電気店などに行けば草の根的なISPのパンフレットがいくつも並んでいたんだが...ブロードバンドが一般化してくるにつれて淘汰されてしまったんだろうか。

ただ、RBB TODAYに登録されていない草の根ISPがあるかも知れず、そこまではわかりませんよ、と。

.NETでフォームの大きさがおかしくなることがある

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: .NET,Tips — @ 15:06:33

フォームのShow()を行う前にLocationプロパティの設定を行うと、フォームサイズが意図しない値になることがある。(主に高さが短くなる)
そのため、Show()の後にLocation設定が必要。

VisualSourceSafe2005でVSSインターネットを構築する

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: IT系,Tips — @ 15:05:41

 VisualStudio2005+VisualSourceSafe2005の組み合わせで、インターネット越しにソース共有するための手法。
VSSデータベース側をIISにより公開し、通常のHTTP経由でアクセスするためファイアウォール等の影響を受けにくい。ただしクライアントはVisualStudio2005に限られるため、いまままでのようにVisualSourceSafe単体からの操作はできない。

 ■サーバ
1.IISをインストールする。
2.VSS2005をインストールする。
3.VSSデータベース作成のためのフォルダを作る。(例:c:\VSS)
4.データベース用フォルダを、共有フォルダにする。(例:\\127.0.0.1\VSS)
5.VSS Adoministrator上から、共有フォルダ経由でデータベース作成する。(\\127.0.0.1\VSS)
6.VSS Adminでメニュー「サーバー>構成」で、「このコンピュータの SourceSafe インターネットを有効にする」とこのデータベースの SourceSafe インターネットを有効にするをチェックする。
7.サーバ名に、マシン名またはIPアドレスを入力し、「OK」クリックする。
8.管理ツールから、IIS>規定のWebサイト>SourceSafeが存在することを確認する。
9.完了。

■クライアント
1.VisualStudio2005で、メニュー「ツール>オプション」より、「ソース管理」で「現在のソース管理プラグイン」に「Microsoft Visual SourceSafe (Internet)」を選択する。
2.同「ソース管理>プラグインの設定>詳細設定」で、SSLのチェックを適切に行う。
3.メニュー「ソース管理>ソリューションをソース管理に追加」をクリックする。
4.データベースの追加ウィザードで、以下の入力を行う。
5.「アドレス」に<■サーバの7.>で入力したサーバ名を入力する。
6.「フォルダ」に<■サーバの5.>で開いたデータベースのパスを入力する。
7.「次へ」クリックする。
8.正常に接続できれば、以下は通常のVSSと同様。

Pages: Prev 1 2 3 ...11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 Next

HTML convert time: 0.928 sec. Powered by WordPress