hIDDEN bLOG » HM/HR

2009/1/29 木曜日

「相剋/慟哭」陰陽座

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: HM/HR — @ 17:05:04

相剋/慟哭

せせせせせ聖闘士星矢!!
(゚Д゚)

2007/12/21 金曜日

Dark Passion Play – Nightwish

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: HM/HR,インプレ・レビュー — @ 10:07:12

ダーク・パッション・プレイ~リミテッド・エディション

北欧からやってきた、(元)オペラティック・へヴィ・メタルバンド「Nightwish」。
前ボーカルのターヤが解雇されて後、初のリリースとなるアルバム。

前のNightwishが大好きだったたボクとしては、ボーカル交代はどうなることかと危惧していたが、先行シングル「Amaranth」が聴くほどに効いてくる名曲だったため購入に踏み切ってみた。

まぁするってーとなんだ。見事にヘヴィローとなってしまった。 
新ボーカルのアネット嬢(38歳子持ち)の歌唱力はさすがに見事。確かにターヤおばさんのような強烈な個性はないし、ヘヴィ・パワフルというほどの押し出し感もない。かつどこかで聞いたことあるようなといえば聞いたような声質...って全然褒めてないなw
しかしあのオペラティック・ソプラノボイスという飛び道具を失ったことで、逆にバンドとして正当に評価できるラインに立ったとも言えるかと。そしてその上でボクは、新生Nightwishを好きだと感じた。

まず今作のモゥストは、謀ってか図らずかHMアルバムの常套どおり2曲目に位置することとなる「Bye Bye Beautiful」。キラーチューンという形容はあまりこの曲調にはふさわしくない感はあるが、いろんな意味で新生第1弾を象徴するナンバー。
しかし、アルバムを頭から聞き始めたとすると、とてもではないが2曲目が位置している時間ではないなコレ。最初5曲目くらいだと思って聴いてたww

あと9曲目の「For the Heart I Once Had」のライトな曲調から次第にハードに移行していく様とか、重厚なバラード13曲目「Meadows of Heaven」がフェイバリッ。それにやはり大作「The Poet and the Pendulum」は、聴くたびにじわじわ来るスルメっぷり。

それにしてもこのバンド、PVを見てるとドラムのアクションのカッコ良さが異常。カメラ目線でなんか吼えながら狂ったように叩きまくる姿たるや、サイコーと言わざるを得まい。

余談だが、Nightwishと陰陽座は洋の東西を分けつつも女声メインボーカルにベーシスト兼男声ボーカルという編成的な対称性があるわけだが、どちらもそのベーシストが人間でなくてでうける。我が国が誇るヘヴィメタリスト妖怪瞬火さんに対し、向こうはドワーフw

2007/7/9 月曜日

EVERLASTING – Galneryus

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: HM/HR — @ 22:53:53

EVERLASTING(初回限定盤) (DVD付)

このあとアルバム発売を控えたGalneryusメジャー初のシングル。

1.EVERLASTING
まぁ第一印象はなんせ日本語。
詩の内容はラブソングっぽくなっており、3rdアルバムまでで完結した団結と闘争の3部作とは一線を画したものになっている。
Aメロから炸裂するビジュアル臭にある種新鮮味を感じながら、やはりGalneryusお得意のスピード&パワー溢れるサビで握った拳に力がこもるwww
大好きだ。
あとブックレットを見る限りは、3rdアルバムで使用した北欧のミックススタジオではなく国内でミックスダウンしてるようなんだけど、音作りはしっかり骨太にできていて、3rdからの流れを維持できている模様。若干ベースのボリュームが下がったかな(?)というくらい。まだ若干物足りなさも無くは無いが、着実に向上して行ってるのが見て取れる。

2.FUTURE LIGHT
英語でひと安心www
(Galneryusにしては)ミドルテンポのオーソドックスなロックナンバーといった感じ。

3.BLEED IN CHAOS
思わずニヤリとさせられるクサクサのメタルというかネオクラというか。
イントロのスネアが結構好き。
また間奏アタマの緊張感あふれるギターとキーボードのユニゾンがなかなかしびれる。

それにしても最近のShu(ギター)はワウを多用するようになった印象があるなぁ。

2007/7/5 木曜日

SIAM SHADEが一夜限りの再結成ライブ!

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: HM/HR,音楽 — @ 15:18:25

@武道館

デビュー前からSIAM SHADEを支え育ててくれたマネージャーへの、追悼だそうで。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070705-OHT1T00055.htm

ボクがハードな音楽をこよなく愛するようになったきっかけであり、いまでも大好きなバンド。最近はメタルばっかりよく聴いてるけど、彼らのCDもまだまだ出番は多い。
近年の国内HM/HR系バンドたちにも、すくなからず影響を与えているハズ。

お気に入りは「Dreameless World」だったり「Rain」だったり「Don’t tell lies」だったり「Fly high」だったり。

2007/6/9 土曜日

The Flag Of Punishment – Galneryus

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: HM/HR — @ 22:27:18

最近いちばん好きなバンド、Galneryus。その1stアルバム。
最初に聴いたときに受けた衝撃はそれはもう筆舌に尽くしがたいものだったから割愛。

いやちょっとだけ書いてみると...
HMの文法にならって1曲目のインストを終えると、間髪いれずにものすごい手数かつ正確なドラムソロ。まずそこで骨抜きにされちゃった。1枚聴き終えた時には、すでに鋼鉄の意志を抱いたソルジャーへと変貌してましたとさ。
キラーチューンである「Struggle for the freedom flag」や「United flag」は言うまでもないとして、個人的に結構すきなのが「Child of free」。自らが切り拓くべき希望の未来をまっすぐに信じて歌い上げるキャッチーなナンバー。サビの結構早口なところがまたいい感じww

とはいえポッと出の新人だったころのアルバム。やはり予算がそれほど潤沢でないのか音的に弱点もあって、第一にうすっぺらい。パワーがないのがとても残念。あとはキーボードでバイオリンの演奏をシミュレートしてるっぽい部分がどうしても肌にあわなかった。
このへんは2nd~3rdとリリースを重ねるにしたがってすでに改善している点なんだけど、それだけにたまにこの1stに戻って聴いてみると耳につく次第。

もうじきマキシシングルとアルバムが発売ということで、テンションを上げる意味でもヘビーローテーション中。 

HTML convert time: 1.065 sec. Powered by WordPress