hIDDEN bLOG » キーボード

2011/2/21 月曜日

kinesisキーボードを新調したらちょいトラブったけどなんとか無事に導入できたヨー!

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: キーボード — @ 18:13:56

そろそろだ新調だと思いつつも高額なためになかなか購入に踏み切れなかったkinesisキーボード、たまたまここで期間限定のセールをしていることを知って、ついに気絶してしまった!

さてボクは10年来のDvorakerであるため、接続しだいそのまますぐにカスタマイズ作業に入ったのだった。

キーレイアウトのカスタマイズ

まずは「Program」+「Shift」+「F5」でDvorakレイアウトに変更する。

次に左手親指部分。Deleteキーにこんな巨大な一等地は必要ないので、Program Remap機能を使ってすぐ上にあるCtrlと入れ替え。

あと、自動で差替えられたDvorakレイアウトそのままだと右端あたりの記号でちょっと不自由があるため、これもProgram Remapによりちょちょいと入れ替え。のつもりがここで問題発生!長くなるので後述する。

マクロ!

単発のキーレイアウトはおおかた完了したので、次はCtrlと組み合わせたマクロを整備しよう。

kinesisキーボードの初期レイアウトで一番ありえないと思っている点、それはカーソルキーの配列だ。左側に左右、右側に上下のふたつずつを割り振ってあるので、まったく直感的に扱えない。
そこであみ出した解決策が、「JIC,」という右手側 の4キー+Ctrlを組み合わせてダイヤモンドカーソルにするというやりかた。これをProgram Macro機能で実現する。

またフルキー部分のレイアウトをDvorakに差し替えているため、Ctrl+Zのような機能も位置が変わってしまっている。特に多用するCtrl+Z~VやCtrl+SはQWERTYと同じ位置で使いたいため、これもProgram Macroで簡単に差替え。

バック・スラッシュ!!

さて最初のレイアウトの段階で出てきたのが、バックスラッシュ(¥マーク)が入力できない、Remapしようにもこのコードを吐くキーがどこにもないという、プログラム書く上で相当レベルにヤバい致命的な問題だった。

これまで使っていたPS/2時代のErgo Elanでは日本向けの配慮かこのキーがEmbeddedレイヤーのほうに配置してあったのだが、現行モデルでは省略されてしまっているようだ。

twitterや販売店への問い合わせなど手をつくしてみたが、やはりkinesisキーボード単体では解決のしようがないらしい。販売店からも、公式に「OS側での英語配列への設定変更を推奨」という返答があった。

そこで、仕方ないので窓使いの憂鬱と組み合わせて解決することにした。
まずはフルキー部分の右下・右上に、Program Remap機能を使って使用していないキーを割り当てる。そんなにキーに余裕があるわけではないが、右Ctrlキーと左Windowsキーが空いていそうだったのでこれらを配置した。

あとはmayuスクリプトを書いてやるだけだ。

mod control -= RightControl
key RightControl = YenSign
key S-RightControl = $VERTICAL_LINE

mod windows -= LeftWindows
key LeftWindows = BackSlash
key S-LeftWindows = $LOW_LINE

これで無事に初期設定が全て完了した。

古いkinesisは上部のファンクションキー部分(通称消しゴムキー)がへたってきていて、特に多用する左側など推定30kgくらいの圧で押さないと反応してくれなかったりもしたのだが、新しい方はもう快適のひとこと。これで次の10年も戦えるというものだ\(^o^)/

参考資料

KINESIS Wiki

http://www.wikihouse.com/kinesis/

2009/2/26 木曜日

MacOSでDVORAK

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: キーボード — @ 23:29:08

MacOSでのDVORAKレイアウト利用+α、設定が一段落ついた。

まずはキーレイアウトから。
随所で紹介されている通り、MacOSなら初期状態でDVORAK配列もサポートされてはいる。がしかし、それは記号がUSレイアウトになってしまうためあまり使い勝手の良いものではない。そこでukeleleを使ってレイアウト情報を作成した。これをユーザー/ライブラリ/Keyboar Layoutディレクトリにコピーすれば、JISキーボードベースのDVORAKが使えるようになる。
dvorakkeylayout.zip

そしてもうひとつ、ボクがかねてから提唱している親指BSと親指Enter。MacならBSではなくdeleteか。英数キーをBSに、かなキーをEnterに差し替えている。そのために、KeyRemap4MacBookをカスタマイズしてインストールした。
keyremap4macbook-510pkgtar.gz

本当はkeylayout設定ファイルでも英数とかなキーのカスタマイズは可能なんだろうけど、どうにもうまくできなかったので併用とあいなった次第。うまいやりかたが見つかれば、一本化したいなと。

コメントいただいたので追記

コピー・ペーストなどのショートカットキーはQWERTYのときと同じ位置で利用できるように、Commandを押しているときは左手の範囲のキーがQWERTY配列になるようにしている。
主にCommand+A, S, Z, X, C, V、大体のアプリで全選択・保存・アンドゥ・コピー・ペーストといった機能に割り当てられているこれらのショートカットを、dvorak導入前と同じ感覚で使えるはず。

2008/3/6 木曜日

自宅用のキーボード・マウスを新調

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: インプレ・レビュー,キーボード — @ 22:38:40

ちょっと贅沢な買い方をしてみた。

ボクってばどうやらロジクール大好きなようで、今回も例に漏れずロジクールで固めてみた。
そもそも欲しかったのは無線キーボード。通常、無線キーボードは軒並みマウスとセット商品となってしまっているのだが、マウスにはぜひともハイパーファストスクロールがほしい。そこを妥協すれば、EasyCall Desktopあたりがちょうどいいのだが、ここはひとつ贅沢にも、キーボード+マウスにさらにマウス単体を購入。
これらを誕生日プレゼントってことで、嫁さんが買ってくれた。

マウスのほうは仕事のほうでも使い倒してるので割愛して、キーボードのほうのインプレを。

まずキータッチ。割とやわらかめで、角の取れたクリック感。ちょっと上質な感じがして心地いい。またインターネットボタンといった機能ボタンがついたキーボードをまともに使うのはこれが始めてになるんだが、こっちもまずまずの使い勝手。何よりボリューム上下・ミュートが手元で操作できるのがうれしい。その他いろいろ割り当てられるので、使い込みながら設定を煮詰めてみよう...

逆に若干の違和感を感じるのが、微妙なキー配置。慣れれば問題なくなるような気もするが、スペースバー右側のキーは、もうちょっとずつ右に寄っていてほしいかも。あとロジクールのキーボードは一般にDelete・Home/End・PageUp/Down周辺の配置が通常と少し異なっていて、これも慣れが必要そう。

とまぁ少々のネガはしばらく使い込めば手がなじみそうという程度で、総じて非常に満足できるチョイスだったと思う。そしてなにより全てコードレス化できたおかげで、デスクの上がスッキリした。またちょっとスペースがほしいようなときに簡単にどけられるのもありがたい限り。

嫁さんダンケ。

2008/2/15 金曜日

kEYBOARDhACKER

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: キーボード — @ 15:50:41

およそ8年ほど前に乗り換え、いまとなっては完全に身体の一部となった感のあるdvorak配列キーボード。
ちょっと昔を回顧しつつエントリーしてみる。

まずはこのdvorak配列というものの簡単な説明から。
詳細はWikipediaに譲るとして、平たく言えば普通の(QWERTY)に比較して非常に打ちやすい配列のこと。最大の特徴は母音(aiueo)が左手に割り振られている点。そのため右・左という交互のリズム良いタイプができるが、特にローマ字入力の際にはその傾向が大きい。
このへんにアドバンテージを見出し、いまの会社に入社した直後の2000年7月ごろ、意念発起してキー配列の乗り換えを決意したのだった。 (続きを読む…)

2008/1/29 火曜日

ちょっとだけキーカスタマイズのすすめ

このエントリをはてなブックマークに追加
Filed under: キーボード — @ 22:51:57

一般的な日本語キーボードにはスペースバーの左右に「無変換」「変換」があると思うのだが、これ、ほとんど使っている人はいないのではないだろうか。
このエントリーで勧める「ちょっとだけキーカスタマイズ」とは、この「無変換」と「変換」キーを、それぞれバックスペースとエンターに差し替えるというもの。

これによるメリットは2つ。
1.指の移動量の軽減(ホームポジションの維持)
2.親指の有効活用

まずは1のメリット。
通常はフルキーの右側にあるバックスペースとエンターキー。ふだん文章やソースコードを打ち込む折には、どちらもかなりの頻度でタイプするにも関わらず、ずいぶん遠い位置に配置されている。一般的な日本語キーボードの場合だと、ホームポジションにおいた右手小指から右に3つ分の移動が必要となってしまう。指の長さや間接のやわらかさなど個人差はあるだろうが、普通の人なら、右手全体をホームポジションからずらさないと届かないのではなかろうか。
対してこれらを上記位置に移動させてやれば、指をホームポジションから一切動かすことなくタイプしてやることができる。

そして2のメリット。
耐久力においてほかの指をはるかに凌駕する親指を、スペースキーにだけ、しかも右手だけしか使わないというのは非常にもったいない。上述のとおり使用頻度が非常に高いというのに、5本の指の中で一番ひ弱な小指に担当させるのでは手が疲れてしようがない。

上記2点のメリットは非常に大きく、慣れるのもそれほど時間を要するものではない。文章またはソース打ち、チャット、2ch廃人など。あらゆる分野のタイパーにお勧め。なおキーカスタマイズには、窓使いの憂鬱が一押し。ちなみに公式にはWindows Vistaでは動作しないとなっているが、こちらに書いたとおり基本問題なく動く。これでVistaユーザーでも安心。

ついでにボクの場合、無変換キーのさらに左隣、「Alt」キーを漢字キーにしてしまっている。

HTML convert time: 1.072 sec. Powered by WordPress