ホンダ S2000エクステリア>ES-ターマック


ホンダのホイールと言えばエンケイ。これ定説。
最近はRAYSが定番といった感が否めないが、NSX-Rから続くブランドイメージと
前に乗っていたプレリュードでRP-01を履いていたということから、やっぱりエンケイ続投。
 
確かにホイール選びはかなり悩んでいたんだが、最後は値段が決め手。
対抗としては、やっぱりCE28Nをカスタムカラーで白にして...
またはASMで有名なプロドライブの、これもホワイトに塗装して...
あと、ギリギリのタイミングで後継となるRP-03が発表されたんだが、ホイールカラーがシルバーしかなかった。
あとはともかくデザインが気に入ったってことで、ES-ターマックで決定。
ヒラノタイヤでサクリと購入。
 
ともあれつけてみて大満足。
フロント1770+48、リア1780+45。
純白。
 
オフセットがちょっと不安だったんだけど、うーむ...
・・・
ツライチってことでひとつ。
 
さらにワンポイントとして、センターキャップを自作。
オリジナルはプレリュードの純正キャップなんだけど、それにカッティングシートを貼って
ホイールカラーとあわせるという加工。
塗装するよりも仕上がりが安定する上、手間もコストもかからず、さらに汚れたり傷がついたりしたら
はがして貼りなおせばいいというお手軽さ。
 
さて、コンペティションホイールというからには、その軽さはいかがかと思い早速計量。
フロント。
17.5kg程度。
リア。
18.5kg程度。
 
こちらでの調査によれば、純正のアルミでフロント19.5kg・リア20.5kg。
オプションのBBSでフロント18.5kg・リア19.0kg。
結果、純正に比べると16インチより軽いじゃーないですか!