ホンダ S2000カーオーディオ>デッキ


KENWOODの、すでに廃盤となってしまっているモデル、Z929にハイダウェイDSPをセットで。
そう、ボクちんのエスは1DINしか取り付けるスペースがないのですよ。
KENWOODの1DIN最高峰クラス。
 
昔からKENWOODのデッキを使っていたのだが、そのDSPのSFC:ホールシミュレートが好きで今も愛用。
だいたい「コンサートホール」しか使っていないのだが、
このサラウンドがボクちんのハートをがっちり鷲掴みにホールドしてしまって離れない。
心地よくリバーブがかかった上に、リアスピーカーからえもいわれぬ残響音が。
特にライドを刻んでいる場面や、繊細なヴォーカルに威力を発揮。
超・気持ちえぇ。
 
ただ、同世代のKENWOOD・DSPにも関わらず2DINモデルとは微妙に仕様が違うようで、
タイムアライメントの調節ができないのですよ。
簡易タイムアライメントとしてリスニングポジション設定ができるのだが、微調整ができない。
 
ある日、ひょんなことから、そのリスニングポジションをリアに設定することで
定位をイッキに前方に持ってくることが可能になったのだが、
まぁ前述の理由で細かいアジャストができないのよ。
これに関しては、今後、実はタイムアライメント設定もできた。とか、
結局他のデッキに走る。とか、外部コントロールできるデバイスに頼ってみる。
とか、いろいろ考えるとこもあるわけで。
 
以下、主に使用している設定をば...

バランス、中央。
フェダー、ちょっと前より。
SFC、コンサートホール。
コンプレッション、なし。
SFCレベル、低。
DBB、ステップ2。
イコライザ。
リスニングポジション、リア。
ルームサイズ、中。